小麦の教室 講座1

小麦の教室 講座1 オーガニック

オーガニック、有機という言葉で、何をイメージしますか?

今、国は、2050年までに、化学農薬の使用量を50%に低減し、輸入原料や化石燃料を原料とした化学肥料の使用量を30%低減し、耕地面積占める有機農業の割合を25%に拡大しようとしています。

それはなぜなのか? 本当に可能なのか? そもそも、オーガニック、有機とは何なのか?

オーガニックの国産小麦を増やしていきたいと真剣に考え、取り組んでいるアン シニフィエのシェフ・志賀勝栄さんと、農林水産省「教育ファーム研究会」委員、政策評価委員、農林物資規格調査会専門員、日本有機農業学会会長などを歴任した有機農業の専門家、恵泉女学園大学人間社会学部社会園芸学科教授・澤登早苗さん「オーガニック」講座です。